プロフィール

真流手ナオト

Author:真流手ナオト
真流手ナオト
ハットジャグラー兼ナレーター。
どこへでもパフォーマンスに行きます!
メディアを通して癒しのナレーションボイスをお届けします!
公式ホームページ
MARTE-NAOTO's website
パフォーマンス動画
https://www.youtube.com/watch?v=OQ-NAgC56xA

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
近況報告 (65)
トレーニング (18)
イベント (60)
ナレーション (6)
ジャグリング (9)
舞台 (14)
カレー (4)
大相撲 (4)
SMQ (9)

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
真流手ナオトの日々を召し上がれ(^0^)
ファンファンサーカス!
先週、金・土二日間、志免町にある小劇場h732にて公演されたパフォーマンスライブ、

ファンファンサーカス

盛況の中、終了しました!(∩´∀`)∩ワーイワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ



いや~~みんなほんとにすごい!おもろい!自分が観客になった気分で共演者の方々の演技に魅了されてしまいました。




んで今回のライブ、自分は初参加だったのですが、終わってみて思うのは・・・


まぁなんというか・・・

いろいろと考えさせられる二日間でした!!(;´∀`)

まぁなんというか・・・

自分のジャグリングの技術も、構成力も、演技も、体幹も・・・・・・

とにかく全体的に底上げしていかねばと痛感しました。

なんかいろいろ思うところがあるのですが、上手く文章にできません・・・どうしたものか・・・:(;゙゚'ω゚'):




とにもかくにも、

スタッフのCHISHAさん、ハッチさん、ゆうさん、

共演者の米屋遊さん、ペペさん、マルさん、YAYAさん、

劇場主のブンブンさん、

主宰のYAYAさん、

公演観に来てくださったみなさん、

ありがとうございました。とても楽しい2日間でした!!

ファンファンサーカス、もちろん次回公演もありますので、その時は是非ご来場ください!!

fanfancircus.jpg


以上!

進化前進万事感謝。

では、また。
スポンサーサイト
[2016/01/18 13:08] | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(2) |
THE・八犬伝 終了して一か月が経ちました・・・(;´∀`)
こんちはっ丼です。


御存知の方も多いとはおもいますが、先月、6月半ば、大分のホルトホールというところで舞台出演してきました!



「劇団吉祥じゅん&ワルキューレ」という、九州では名のある、歴史もある劇団の舞台です!!(もしかしたら全国的にも知られてるのかもしれません。)







なぜ今回そのような舞台に、丼ごときが出演できたかというと・・・・・


話は舞台本番のあった6月18日、19日から17日間ほど遡ります。。。



その日の夜は、いつものようにタカシェンカ亭で倒立練習をしていたら、携帯が鳴りまして・・・・・


見ると、去年の春大分のイベントのお仕事でお世話になった原尻さんから・・・じつに1年以上ぶりなのだが、一体なんだろうと思い電話にでると・・・

「お久しぶりです」
「どうも、おひさしぶりです。」
「あのさぁ、突然なんだけど、ウチの舞台出てもらえる?」
「・・・・・・え???」


この時の会話の内容ははっきりとは覚えてないのですが、

とにかく出て欲しいと言われ、

本来出演予定だった役者さんが一身上の都合で急遽降板となり慌ててピンチヒッターを探していると言われ・・・

本番は6月の18、19の二回公演と言われ・・・・

・・・って、もう6月入ってるんですが・・・(;・∀・)


まぁとりあえず返事は保留にして練習を終えて帰宅したのですが、またメールで連絡があり、
北九州まで直接行くからそこで詳しく話そうということになり、夜中なのにもかかわらず、わざわざ大分から車走らせて来てくださったので、これはやっぱり火急のことなんだろうなと思いました・・・:(;゙゚'ω゚'):


近くのファミレスで待ち合わせたのですが、そこに原尻さんと、代表の吉祥じゅんさんもいらっしゃってました。
はじめましての挨拶も早々に本題へ。。。

・・・まぁ概要はざっと理解できてたし、丼としては出演したい気持ちの方が強かったので

「OKです、出させてください」
「よっしゃ!じゃあがんばろう!!」

てな感じに。

ちなみに出演したのがこれ↓

八犬伝パネル

「THE・八犬伝」

実はこれ、2年ほど前に福岡の西鉄天神ホールで上演されていて、丼もその時生鑑賞しちゃってるんです。(∀`*ゞ)
まさか、観客として観た舞台を自分が出演するなんて、夢にも思ってませんでした!(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ


そして自分がやった役がこれまた台詞も出番も多く、2週間ちょっとで覚えれるか???と、びびりまくったわけですが、引き受けた以上はやる!!!!!と決めてましたし、それに今年の抱負は「挑戦」としておりましたので(;´∀`)
(実際、fbページに今年は挑戦ですみたいなことを書いてて、そこを原尻さんに突っこまれたのもあるし(;・∀・))



まぁ、そんなこんなで、少ない日数の中稽古がんばりました!!

演出・主演の吉祥じゅんさんをはじめ、共演者のみなさんにビシバシしごいていただき・・・どうにかこうにか役が身に入り・・・
そしてアクションシーンも・・・


[広告] VPS




↑初日はこんなかんじですが、アクションマンの方々にご指導いただき、本番はだいぶグレードアップした動きを見せることができました!!
ほんと短期間だったけど、やればできるもんだなぁ~~~と(;・∀・)
アクションは特にやってて楽しかったです。なんかやっぱこういうの好きなんでしょうな(ΦωΦ)










・・・・・んで、FBの方では、こんな感じで宣伝されてました(´∀`*)


八犬伝fb





・・・・・まぁそんなわけで、本番を迎えたわけであります!!





本番の様子はこちらをご覧ください。fbで、アルバムになってるものです。一枚一枚順番に見ていくと楽しいですよ( ゚д゚)ノ


THE八犬伝・大分ホルトホール2014.6.19




観に来てくださったみなさん、

キャスト、スタッフ、ご協力いただいたみなさん、

ありがとうございました!!!!!

また一つ、成長したのであります!!!

以上!!

進化前進万事感謝。

では、また。




[2014/07/15 14:54] | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TAKIBIX RELOADED (タキビックスリローデッド)
こんにちは、丼です。




話は、5月1日にさかのぼります。

この日の夜、深夜から朝方にかけて、芦屋のとあるマンションの一室にて、怪談話が催されました。
丼ももちろん、参加しました。





今回、主催者がビデオ収録をしてくださいました。なにか映ったらやだな・・・いや、絶対映るだろ、恐いよ・・・・



たくさん出て来た怪談話の中から2話、動画でお送りしますので、是非ご覧ください。



芦屋怪談・第1話








んで、もう一つ↓(こっちはちょっぴりコミカルな感じです。でもすごく不思議です)


芦屋怪談・第2話




丼も、実体験話をいくつか話させていただきました。
朝方になって来て仮眠をとったのですが、丼は恐くてちょっと寝付けませんでした・・・





そして、翌朝・・・


近くの海岸で、部活動を行いました。

部活動といえばそう、、、、、




焚火部









takibix reloaded





以上!!!



進化前進万事感謝。


では、また。

[2014/05/09 17:08] | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TAKIBI
先週、ある部活動の取材に行った。実際に現地に赴き、部活動に参加することができて本当に良かった。

最近、あるSNSを通じてこの部の存在を知るに至り、掲載されているレポートが非常に興味深く、私の「好奇心」という名の火種が燻ぶられるのにさほど時間はかからなかった。




その部活動の名は・・・・・













「焚火部」(たきびぶ)



文字通り、焚火をする部である。創立されて30数年になるらしい。人気番組笑っていいとも!が32年の歴史に幕を閉じたのは耳に新しいが、それを凌ぐ勢いで鋭意活動中なのである。









IMG_20140402_145147150.jpg
焚火は、浜辺で実施される。海はとても綺麗で、貝掘りに興じる家族連れがいたりして微笑ましい光景もあったのだが、砂浜は、ご覧のとおり。惨憺たる有様だ。









IMG_20140402_145023452.jpg
海に背を向けて、淡々と準備を進める焚火部部長、紀川氏(写真右)と、氏の息子のハルヨシくん。岸壁の前にだだっ広いスペースがあり、そこで焚火を始めるのだ。実は前の晩に、少し片付けておいたらしい。私が来るのを待ってくれてたかのようだ。親子の心遣いに感謝である。








IMG_20140402_150214859.jpg
勿論、私も手伝わせていただくことに。軍手と、60cm程の細い棒を借りた。装着した瞬間、何とも言えぬ興奮と高揚感で胸が高鳴ったのを今でも覚えている。喩えるならボクシングを始めた頃、会長にバンデージの巻き方を教わり、夜中に1人で巻いてニヤニヤしていた、あの妙なワクワク感である。
話を焚火に戻そう。

まずは、焚火のベース作り。写真を見ると、板を数枚立てかけているのがおわかりだろうか。これが火種になるのだ。多分、みなさんがイメージしているものとは全く違ったのではなかろうか。私も、この「火種」を見て、最初は不思議に思ったのだ。しかしこの板で作られた空間が、かまどの様な役割を果たし、火が生きるのだ。




IMG_20140402_150353997.jpg
早速、かまどに火を熾すハル君。あっという間に点火。私も、浜辺を歩き回り、板や棒切れ、ゴミ等を拾い集め、部活動に積極的に参加した。焚火部では、浜辺に散乱するゴミや木材、漂流物などが、燃料として使われるのだ。皮肉なことに、この海岸にはたくさんの燃料が転がっている。なんとも皮肉であるが・・・








IMG_20140402_150755204.jpg
安全靴が落ちていたので、火にくべてみた。焼き芋ならぬ、焼き靴である。
火はどんどん大きくなる。焚火はすべてを飲みこみ炎と化すのだ。ちなみにハル君は、いらなくなった学校のプリントらしき物をたくさん燃やしていた。私も何か持って来ればよかったなと思った。








IMG_20140402_151055967.jpg
紀川氏が徐に引き摺ってきた毛布。焼き豆腐ならぬ焼き毛布である。かなり湿っていて、一気に被せると消化してしまうのでは?と思ったのだが、素人の憶測に過ぎず。毛布や衣類等は石油製品なので、どんどん燃えるのだ。特にペットボトルやビニール製品などは、石炭の如く燃え続ける。世間一般では不燃物扱いされている物も、焚火部にとっては重要な可燃物なのだ。
炎はどんどん大きくなる。こうなれば、多少のことでは火は消えない。揺るがない。1ℓ程の水が入ったボトルを投げ入れても、すぐにプシュウウゥゥゥゥゥという音と共に蒸発し、燃え続けた。成程、焚火部の魅力の一部を発見した。










IMG_20140402_151229404.jpg
半島からの漂流物が目に余る程散乱していた。石を投げれば半島製品に当たると言っても過言ではない。ジュースや洗剤、食品のパッケージなどなど・・・・・・・・・ったく、我々の海岸に、こんなものよこしやがって・・・・





IMG_20140402_151553193.jpg
熱くなってきたので、上半身裸になり、部活動に興じたのだが、これは完全に素人の命知らずな愚行である。
そして燃やしているのが、乾燥した藻である。これが火にくべると、パチパチパチッと小気味良い音を立てて燃えていくのである。なかなかに楽しいのだ。竹も入れたのだが、パンッと勢いよく音を立てた。これが所謂「爆竹」である。







IMG_20140402_153211920.jpg
時間が経って、少し火も弱まってきたところへ、再び紀川氏が巨大な物を引き摺ってきた。得体の知れないロープの塊である。大王イカ、UMAの様にも見える。






IMG_20140402_153425513.jpg
程なくして、火力上昇。焼きイカならぬ、焼き大王イカである。実際はロープの塊なのだが、とても迫力があったのだ。
ここで私はつい、部長に質問した。
「焼き芋とかはしないのですか?」

「するわけないやん。そんなことしてたら焼き加減が気になって焚火が楽しめないよ。」

・・・私は、質問の程度の低さ、自分の愚かさを悔いた。そして焚火に失礼をした。同時に、焚火の奥深さ、美しさを少し知った。
部長は肩書きこそ「焚火部」で通しているが、これは「部活動」ではなく、「焚火道」なのではないかと、少し悟った気分になった。








IMG_20140402_154000100.jpg
今回の最大の炎、MVB(Most Valuable Burning)である。煙ももうもうと立ち込めて、少しやり過ぎたのでは・・・と不安になってしまった。しかし燃え盛る炎を見つめていると、とても不思議な気持ちになる。癒し、情熱、希望・・・様々な感情が起伏し駆け巡る。






IMG_20140402_15423895.jpg
炎が静まっていくのを冷静に見届ける、焚火部部長とその息子。焚火と会話しているかの様だ。その出で立ちや正に焚火職人、いや、焚火仙人とでも言ったところか。そして息子さんは焚火部を継承し、焚火道を求道していくのだろうか・・・?
この後、3人で海岸沿いを散歩した。しばらくして戻ってくると、焚火はほぼ鎮火状態だった。



IMG_20140402_161331988.jpg
今後も機会があれば参加したい。
自己を見つめ直すべき時が来れば、自然と焚火部に巡り会うのかもしれない。焚火にあたって、炎を見つめて・・・


[2014/04/09 15:41] | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0) |
鞍手高校分校豊翔館文化祭にて
こんにちは、丼です。



金曜日の朝から、鞍手高校の分校、豊翔館の文化祭で、パフォーマンスしてきました!



先生も生徒さんもみんな元気いっぱいで、みなさんあたたかい歓声と拍手を送ってくれました!
そしてみんな笑いまくり!笑い取りにいってよかったです!!
今回は高校の文化祭だったのでちょっと(笑)の要素を強めに構成したのが当たりました( ノ゚Д゚)

観てくださったみなさんありがとうございました!!感謝感謝^^



そしてショー終了直後、全校生徒を代表して花束の贈呈が・・・



DSC_0174.jpg


写真は家に持って帰った後に撮ったものですが、全校生徒の前で代表の子が感謝状を読んでくれて・・・画像をお届けできないのが残念です泣



文化祭はいろいろ出店があったので、楽しんじゃいました!
豚汁、ホットドッグ、クッキー、ココアを購入!ゆっくりいただきました^^


というかほんとに、みなさん元気で、こっちが元気をいただきました。





DSC_0173.jpg



最後に校門前でパシャリ!まるで卒業生の気分です(笑)










・・・んで、


DSC_0171.jpg


豚汁の箸袋についてたおみくじ!!大凶て・・・(;´∀`)




以上!!


進化前進万事感謝。


では、また。


[2013/10/27 13:31] | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR